トイレの詰まりを修理する方法

一緒に住んでいる家族が多いほど、使用する頻度が多くなるのがトイレだと言われています。トイレを使用する上で様々なトラブルが起こった経験のあるご家庭は少なくありませんが、その中でも自分で修理が出来るトラブルの一つにトイレの詰まりが挙げられます。詰まってしまう原因は複数ありますが、異物を流してしまったというパターンもあればトイレットペーパーを一度に多く流してしまい、中で詰まってしまっているという原因が大多数です。トイレ詰まりの原因がペーパーであるなら、業者に修理を依頼する前にウォシュレット等の温水洗浄便座が備え付けてあるなら電源プラグを抜いておきましょう。

次に止水栓を止めて水が出ないことを確認したら、便器の周りが濡れないように床にビニールシートや新聞紙を敷いたり、水位が高いなら灯油ポンプなどで水を汲み取っておきましょう。詰まったペーパーは本来水に溶けるので、少し時間を置けば流れる可能性があります。そのため時間を置いて流れないなら、バケツやペットボトルを使って便器の排水口に水を流し込み、水の流れや水圧で詰まりを解消します。他にも熱湯ではない40~60℃のぬるま湯を流し、ペーパーを溶けやすくすることも出来ます。

またラバーカップを利用する方法も効果的で、軽度の詰まりならラバーカップ一つで解消出来るケースも多いので、自宅に常に備えておくと安心です。このように自分で行える対処法を試した上で、状態が改善しないようなら専門業者に依頼をして修理をしてもらうようにしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*