会計士というのは、財務諸表の作成や計算を担当する職種のことです。企業活動に欠かすことのできない存在であって、会計士がいなければ貸借対照表や損益計算書も正常に作成をすることは難しいです。日本では、公認会計士という資格が有名です。これは、弁護士や弁理士、税理士と並んで最難関の国家資格だと言われています。

実際合格するためには非常に長い勉強時間を確保しなければいけません。明晰な頭脳が必要になるので、相当な秀才にしかなれない職業です。公認会計士の社会的なステータスは非常に高く、弁護士と同程度です。この資格を持っているだけで、大手企業の監査まですることができます。

大手企業に対してもコンサルティングをすることができるので、資格が取れれば生活は安定します。税理士と似ていますが、仕事の内容は少し違います。会計士は、コンピューターに取って代わられることのない仕事の一つだとされています。コンピューターが賢くなったとしても、コンサルティング業務までできるようになるとは考えられないからです。

ですから、今から狙うにしても悪くはない資格です。大学の経営学部に通っている人たちは、意識してみてもいいのではないでしょうか。試験は短答式と論文式に別れています。短答式に合格をすれば、その後二年間は、論文式だけに集中ができます。

短答式に合格をすれば本当にあと一歩ですから、仕事の量をセーブしてでも論文対策を進めていくといいでしょう。