会計士という職業となる為にはどうしたらいいのかについてお話しします。会計士の業務内容を簡単に説明すると、企業の経営状態のチェックをするお仕事です。全ての会社が、このチェックを受けて監査を行ってもらうわけではなく資本金が5億円以上の企業や、証券取引所に株式を上場している企業などは決算書に嘘などの偽造がないか、正しい経営ができているのかなどの監査を受ける事が義務付けられているのです。そこで会計士がチェックする事で不正を防ぐ事が出来るのです。

そして、それ以外の仕事ではコンサルティングといって企業の経営戦略やコストの削減についてなどのアドバイスをする仕事です。そして、会計士になるには、まず試験に合格し国家資格を取得しなくてはなりません。毎年行われる試験ですがまずは筆記試験に合格することから始まり特に学歴は関係ありませんが合格率は毎年10%以下でかなりの難関となっています。そして筆記試験に合格すると2年以上の現場経験が必要になるので会計の専門企業などに就職し実践をつみ実務経験をえたら終了考査を受けパスできれば初めて会計士として登録されるのです。

独学などで試験をパスする人もいますがかなりの難関でもあり、多くの人が専門学校や大学などで勉強し試験を受ける人がほとんどです。この仕事は社会的地位も高く安定している職業で高い年収1000万円以上を得る事も出来るのもこの仕事の魅力の一つとも言われています。