借金の返済のめどが立たなくなってしまったから、債務整理をしたい。そう思った時にお願いできるのは弁護士か司法書士になります。費用の削減のため自分で債務整理を行うことも可能ですが、資料をそろえるのに時間がかかったり借金の督促が続くなどのデメリットも多いため、プロにお任せしてしまう方が安心です。債務整理を依頼するなら弁護士の方が良いと言われていますが、司法書士の方が身近な感じがして頼みやすいという人もいるでしょう。

しかし、全ての債務整理を司法書士に頼むことは出来ないのです。司法書士は法律の相談や交渉、訴訟は出来ませんでした。法改正により2003年から認定司法書士のみ相談や交渉、訴訟も可能になりましたが、総債権額140万円以下の場合のみ可能なのです。債務整理を行う時に借金や過払い金の総額が140万円を超えていた場合には、司法書士を解任して新たに弁護士に債務整理の依頼をしなければならないのです。

借金の総額が140万円を超えることがわかっているときには、最初から金額の上限がない弁護士にお願いしてしまう方がスムーズです。また、複雑な案件や裁判になりそうな時には、裁判所に出廷を求められることもあります。債務整理をするからと言って何度の会社を休むことはできませんが、弁護士にお願いすれば最高裁まで依頼人の代理人となって裁判所に出廷してくれるのです。費用に関しても、両者にそう大きな違いはなくなっています。