弁護士になるためには、司法試験に合格する必要があります。そのためには、まず、司法試験を受験する必要があります。司法試験を受験するには、2通りの道があります。まず、法科大学院を卒業するという道です。

これは、法学部出身者であれば、2年制の法科大学院既修者コース、法学部以外の出身であれば、3年制の法科大学院未修者コースを卒業する必要があります。卒業後に、司法試験を受験するということになります。これに合格すると、所定の修習を得た上で、弁護士として登録をすると、仕事をすることができるようになります。次に、予備試験を受験して、合格した後に、司法試験を受験するという道です。

この場合、法科大学院を卒業する必要がないため、大学生が司法試験に合格するということも可能になります。法科大学院卒業者と予備試験合格者の司法試験合格率を比較してみると、予備試験合格者のほうが合格率は高くなっています。法科大学院に進学するとなると、費用と時間がかなりかかってしまうということになる場合も少なくありません。そのため、司法試験に早期合格をしたいと考えているのであれば、司法試験対策の予備校に通って、予備試験と司法試験を突破するための勉強をするということが必要になってきます。

これは、人によって、どちらの道が向いているのかということがあるので、自分に合う方法を検討した上で、どのルートで弁護士を目指すのが良いかを決めると良いでしょう。