トイレの水漏れとつまりには

使用頻度も高いトイレは、現代の日本では基本的に水洗式となっています。なので水トラブルと無縁というわけではなく、水漏れやつまりなどのトラブルが発生してしまうリスクもありますし、こういったトラブルに対しては、素人では分からないことも多くてお手上げに感じることもよくあります。よってトラブルが発生した場合には専門業者に依頼して修理してもらう方法が確実ではありますが、軽度のトラブルならば、自力で対処することも不可能ではありません。そこでトイレのつまりによる水漏れといったトラブルに対する自力での対処方法としては、まずはこれ以上の水漏れをさせないために、止水栓を止めることから開始しましょう。

そしてつまりの原因を取り除くことが基本となります。たとえばトイレットペーパーなどの水に溶けるものがつまってしまった場合には、バケツに水もしくはぬるま湯を入れたものを用意し、それを便器内に向けて上からいっきに流します。そうするとその勢いでつまっていたものが流れて改善されるケースもあります。もっともこれでも改善しないこともあるので、そういった場合にはラバーカップや専用溶液などを使用することで、改善が可能なケースもあります。

そして水に溶けないものがつまりの原因の場合には、その原因となっているものを取り除けば良いだけですが、その際に利用すると便利なアイテムがワイヤーブラシです。ちなみにラバーカップやワイヤーブラシ、専用溶液といったアイテムについては、ごく普通に身近なホームセンターやスーパーなどでも市販されていますし、通販でも購入可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*