トイレのつまりや水漏れ対策をしっかりしておこう

トイレのつまりや水漏れは、日常生活を送ることができにくくなるため対策をしっかりしておかなければなりません。こうした症状は、ある日に突発的に生じることが多いです。代表的なトイレのつまり・水漏れが疑われる症状は、水が流れなくなることが挙げられます。通常は、レバーを回すことで洋式・和式問わずタンクの中の水が便器内に流れる仕組みです。

しかしつまってしまうことで、この便器内に流れた水が排水口に流れずに溜まった状態になります。そのまま放置すると便器からあふれてしまい困った事態になりやすいです。そのほか、便器の奥から異音が発生したりいつもより便器の中の水が少なくなっているなどの変化があるときには、トイレのつまりや水漏れを疑いましょう。トイレのつまりの原因として考えられることは、いくつかあります。

まずは、水に溶けにくいものをうっかり流してしまった場合にこうした症状は生じやすいです。大量のトイレットペーパー・便所専用のクリーナーなど、本来は水に溶けやすいものでも大量に流してしまうと溶けずに残ってしまいつまりや水漏れが発生しますので要注意です。ほかに、水流の圧力が不足している場合も考えられます。自力で直す場合は、ラバーカップなどを使ってつまっているものを取っていくのが対策方法です。

準備として、止水栓を止めて床をビニールシートを使用して覆ってから行いましょう。ラバーカップは水の中で押すとそこが真空状態になり、引っ張る力でつまっている部分を取り除けます。使用した後は、水洗いをよくしてから日の当たる場所で干すと衛生的に良いでしょう。もし、ラバーカップで直せない場合は業者を呼んで対処してもらいます。

手洗い管から水漏れが発生している場合もあり、このケースではタンク内の部品の故障が考えられます。この場合は、専門業者に依頼しておいたほうが良いでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*