よくあるトイレの詰まりや漏れについて

トイレのトラブルでよく起きるのが詰まりが起きて水漏れが起きることです。ロール分の紙が詰まってしまったり、紙以外の物を落としてしまったりと原因は色々です。トイレの詰まりや水漏れの症状は、水が流れない・引かない・減らないなどで、断水など設備に問題があって水が全く流れなくなることを除くと、別に問題が起きてます。他に、水は流れても勢いが弱く、水圧不足だとタンク側と便器側どちらかに原因があり、流量が少なくてそのまま放置をすると便器表面へ汚れが付きやすくなります。

水を流すと異音がするときは、どこから音が出ているか調べてみて、下から水がごぼごぼと音をたてて流れているときはつまっていると予測できます。水を流していて増えているときは逆流していて、排水口が詰まっていることが原因です。そのまま使うと詰まりが原因で水漏れが起きるのですぐに使うのを中止します。トイレットペーパー以外の水溶性でない紙類や、固形物などの異物を流してしまうことも珍しくないです。

例えば新聞紙やティッシュペーパー、ウェットティッシュや生理用品などがあります。トイレットペーパーは水に溶けやすくなっていますが、大体の他の紙製品は繊維構造が頑丈で水に溶けにくく、同じ素材でも水に溶けにくものがあることも覚えておいたほうがいいです。特にペットを飼っていると、流せないタイプのペット専用トイレを流して、詰まりが起きて水が漏れるトラブルも増えてます。詰まった物によって、時間をおいて再度水を流せば自然に解消出来ることもありますが、直らないと修理が必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*