詰まりや水漏れに自分で対処

水場で詰まりが水漏れが発生したら、まずは原因を探ることから始めます。詰まりの場合には簡単に取り除けるものが入り込んでいないかを確かめるのが先決であり、キッチンの場合には食材が多いですし、お風呂場では髪の毛や石鹸のカスがよく入り込んでいます。それらは目視で確認できるため、簡単に取り除くことが可能です。油汚れのようなものであっても、洗剤を上手く活用することで除去できますので実践してみましょう。

配管部分で詰まりが発生している場合には、配管専用の洗剤を購入して試すのがお勧めです。水漏れではボルトの緩みはパッキンの摩耗を確認してみて、該当箇所を修理します。ボルトはモンキーレンチがあればすぐに締められますし、特に部品を分解するような手順もいりませんので、最初に確認するべき項目です。パッキンは内部に入っているものを取り出してみないと分かりません。

取り出してみて摩耗しているように見えたら、新品と交換して再び水を出してみます。これで直っていれば、パッキンが原因だったことが分かります。水漏れでも詰まりでも、自分では対処できない症状があります。水漏れの場合には漏れ出てくる量が多ければ、自分で色々試せる余裕がないかもしれません。

緊急を要すると判断したら迷わず業者に依頼することが重要であり、到着するまでの間に被害が大きくならないように、周辺にタオルを敷いたり水を受けるバケツ等を用意したりして、応急処置を行います。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*