台所の水道詰まりなら自分で修理も可能

台所のシンク下にある排水管は、特別な工具などがなくても取り外すことが可能なタイプも多いです。そのため、排水管で詰まってしまっても、排水管を取り外して、中を綺麗に掃除することで水道詰まりを自分で修理することができます。長年使っている排水管はヌメリや臭いもあるので、割りばしにアルミホイルを撒いて掃除をするのも良い方法です。金属イオンの作用によって、ヌメリや臭いを取り除く効果があります。

さらに、容器にぬるま湯を入れて、重曹2、お酢を1の分量入れて、排水管を30から1時間つけておくのも良い方法です。排水管の中に入るようなブラシがあれば、中を傷めないように軽くこすることで綺麗になります。定期的に排水管掃除をすることで、水道詰まりを起こす頻度を減らすことにもつながるでしょう。ただ、無理して外そうとすると破損する原因ともなります。

老朽化していると、錆によってナットなどの部品が外しにくいケースがあります。外すのが少しでも難しいと感じるようであれば、配管掃除をすることは諦めることも重要です。また、掃除が終われば、必ず元の状態に戻すことも大切です。分解すると上下が分からなくなり、間違った設置をすることで水漏れの原因となることもあります。

設置ミスを防ぐために、水道詰まりの修理をする前に、携帯やスマホなどで写真を撮ることをおすすめします。写真に撮ることで、元の状態に戻しやすくなります。手軽に外せるような排水管であれば、水道詰まり修理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*